3ヶ月や6ヶ月の短期で100万以上稼げる期間工求人まとめ

3ヶ月や6ヶ月の短期で100万以上稼げる期間工求人まとめ

3ヶ月や6ヶ月の短期で100万以上稼ぎたい人向けにおすすめの期間工求人と、収入を増やすためのポイントを分かりやすくまとめています。

短期間でガッツリ稼ぐために必要なことは、入社するともらえる祝い金の額をしっかりチェックすることです。

その他にも残業やシフトを深夜にすることで、短期間で100万以上稼ぐことができます。3ヶ月や6ヶ月と期間を決めてしっかり稼ぎたい人はぜひ参考にしてみてください。

期間工で稼ぎたい人は、募集している企業の満了金や入社祝い金を比較するのがポイントになります。

特に入社祝い金は最大で45万円もらえるので、要チェックです。稼げる期間工をランキングにしてまとめた記事があるので、ぜひチェックしておきましょう!

【最新版】おすすめ期間工ランキングまとめ

【目次】3ヶ月や6ヶ月の短期で100万以上稼げる期間工求人まとめ
  1. 短期で稼げるおすすめ期間工求人
    1. マツダ
    2. スバル
    3. 日野
  2. 短期で稼ぐためのポイント
    1. 残業手当てをもらう
    2. 夜勤手当てをもらう
    3. 休日出勤手当てをもらう
  3. 短期で稼ぎたい人向けの注意点
    1. 働ける時間には上限がある
    2. 割増条件が重なったら支給額はどうなる?
  4. まとめ

短期で稼げるおすすめ期間工求人

短期間で稼ぐためには、提示されている期間工の求人内容が大きなポイントになります。充実した入社祝い金や初回契約更新手当、それに残業が多いなどです。

ここでは期間工求人の中から、3ヶ月や6ヶ月の短期でおすすめのメーカーを3社ピックアップして紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

なお、これから紹介する金額は執筆時の情報になります。最新の情報は各社の求人ページにてご確認ください。

マツダ

マツダ(MAZDA)の期間工の口コミ評判や寮、年収・満了金まとめ

マツダの求人では初めの6ヶ月間の収入目安が241万円という高収入が提示されています。入社時にはいろいろな手当がつきますが、中でも入社祝い金の金額が大きなウエイトを占めています。

マツダの寮は場所によっては個室もあり備品もついているので、初期費用があまりかかりません。

寮費はもちろん水道光熱費も無料で、半年間は食費補助が毎月15,000円支給されるので貯金しやすい環境となっています。

入社祝い金も高く生活環境もいいので、短期でガッツリ稼ぎたい人はまずは「マツダ」を検討してみるといいと思います。

マツダの期間工の口コミはこちら

スバル

スバル(富士重工)の期間工の口コミ評判や寮、年収・満了金まとめ

スバル求人では1年間の収入は483.4万円と提示されています。6ヶ月間の収入に置き換えて算出してみると、274.2万円という目安になります

マツダを同様にスバルも入社時にいろいろな一時金が付きます。やはり中でも入社祝い金の金額は大きな額になっています。

スバルもマツダと同じように寮は水道光熱費を含めて完全無料なので、生活費を安く抑えることができ貯金しやすくなっています。

スバルの期間工の口コミはこちら

日野

日野自動車(HINO)の期間工の口コミ評判や寮、年収・満了金まとめ

日野の求人で提示されている初めの6ヶ月間の収入は248万円という高収入が提示されています。日野も入社時の一時金がいろいろな項目で用意されています。

日野の場合、入社祝い金よりも、その他の手当てが大きな金額になっています。中でも早期赴任手当と初回特別延長奨励金の金額は大きな金額になっています。規定はありますが、経験者の場合はさらに10万円を支給されます。

日野もマツダやスバルと同じように寮は水道光熱費を含めて完全無料となっています。

日野の期間工の口コミはこちら

短期で稼ぐためのポイント

期間工として短期間で稼ぐためにはポイントがあって、残業や夜勤、それに休日出勤などの手当てが多ければ多いほど稼ぐことができます。

では、それぞれの項目について解説をしていきます。

残業手当てをもらう

残業代とは1日8時間、週40時間の労働時間を超えて働いた時間、つまり時間外労働の対価として支払われる賃金のことを言います。

計算上の注意ですが、所定労働期間が7時間の予定で実際9時間勤務しても、残業代の定義から時間外労働は2時間ではなく1時間の計算になります。

しかし時間外労働には限度があって、原則1ヶ月45時間、1年間では360時間を超えてはいけなないという制度があります。そのため、残業代は1ヶ月45時間分、1年間360時間までが上限となります。

時間外労働の割り増し率は労働基準法によって決められています。割り増し率は基本給を時間給に直して、その金額の125%以上にならなくてはいけません。

夜勤手当てをもらう

夜勤とは深夜労働のことで22:00~05:00の時間帯に働くことを言います。ただし、厚生労働大臣が必要と認めた場合には23:00~06:00に時間帯を深夜労働の時間帯とすることができます。

労働基準法によって決められている割り増し率は125%以上となっています。

休日出勤手当てをもらう

休日出勤という言葉はよく聞きますし、期間工になると月に1回や2回は発生します。しかし休日には法令で定められている週1度の法定休日と、それ以外の法定外休日があります。法定外休日とは、週休2日制をとっている企業の週2日休みのうちの1日のことを言います。

休日出勤は休みの日に働くのですから、当然その日に働いた賃金には割り増しが発生します。割り増し率は法定休日の場合は135%以上になっています。

では法定外休日はどうなのかと言うと、法的には休日ではないので通常の賃金と変わりはありませんから割り増しは発生しません。

しかし週休2日の企業の場合、毎日8時間勤務のケースがほとんどになります。その結果、休日出勤すると必然的に週40時間以上となり、法定外休日に出勤した場合でも125%以上の割り増し賃金になるケースがほとんどです。

短期で稼ぎたい人向けの注意点

短期間でガッツリ稼ごうと思った場合、労働時間を長くしてもらうことが確実な方法ですが、働ける時間を決めたルールがあります。その点を含めて、短期で稼ぎたい人向けの注意点をまとめていきます。

働ける時間には上限がある

期間工や正社員の区別なく、労働者が働ける時間には労働基準法によって上限が設定されています。1週間に40時間の労働というのが基本的な労働時間です。また、時間外労働、残業ですが1ヶ月45時間、年間360時間という大原則があります。

つまりいくら残業をやりたくても、この大原則からはみ出すような残業時間を与えてもらうことはできない、ということになります。これが働ける時間の上限になります。

しかしこの大原則にも例外はあって、どんな業種にも受注が集中する期間が発生します。この時期に大原則を守れと言われても、それは企業の存亡にかかわる事態を招く結果になるので、例外が認められています。

その例外ですが、1ヶ月に80時間・年間630時間を上限にして残業時間を延長できるという制度があります。この制度を通称36(サブロク)協定と言います。

36協定とは労働基準法36条が根拠になっているので、こう呼ばれています。正式には「時間外・休日労働に関する協定届」と言って、時間外労働や休日出勤の縛りを労使双方合意した場合、上限を設けて解除できる、という協定です。

36協定を書面をもって労使で締結したら、その書類を所管の労働基準監督局に提出することで、前述のように上限はありますが労働基準法36条を解除できるという協定です。ただし36協定無しで残業や休日出勤をさせた場合や、協定をしていても書類の届け出をしていない場合、企業側が罰せられます。

いずれにしても、36協定で解除された場合でも、労働時間の上限はあります。忙しい時期に期間工になれれば、この上限いっぱいまで働ける可能性はあります。

割増条件が重なったら支給額はどうなる?

時間外労働や深夜労働、それに休日出勤をすれば賃金が割り増しになることは分かりました。しかし、時間外労働と深夜労働が重なってしまった場合など、割り増しがどうなるのか以外に知られていません。

そこで、割り増し条件が重なった場合そうなるのかについて、解説をしていきます。

時間外労働と深夜労働が重なった場合

時間外労働も深夜労働の割り増し率は、どちらも125%になりますが、時間外労働と深夜労働が重なった時間帯は150%割り増しになります。

例えば16:00~24:00までのシフトで、残業は2時間発生し02:00まで勤務したとします。この場合、22:00~24:00までは通常の深夜労働割り増しである125%割り増しの賃金です。しかし時間外労働である24:00~02:00の2時間に関しては時間外と深夜労働が適用されるため、150%割り増しになる計算です。

しかし、22:00~06:00のシフトで2時間の時間外労働が発生した場合だと、06:00~08:00の2時間は普通の時間帯の時間外労働になるので、125%割り増しになります。

休日出勤で時間外労働が発生した場合

法定休日出勤をすると、割り増しは135%になります。例えば法定休日に出勤して09:00~19:00まで10時間勤務したとします。この場合通常の8時間勤務で計算すると2時間の時間外労働が発生します。

この時は、休日出勤は勤務しているすべての時間を休日出勤と考えるため、発生した2時間も休日出勤割り増しのみの支給で、時間外労働が発生しても125%割り増しになります。

まとめ

期間工の特徴のひとつに、短期間でガッツリ稼げるということを上げることができます。紹介した3社以外にも期間工を募集しているメーカーはたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。

メーカーによって待遇が異なるのはもちろんですが、寮などの生活環境も選ぶ際のポイントになります。短期間とはいえせっかく働くのですから、自分に合った期間工求人を見つけてください。

【最新版】おすすめ期間工ランキングまとめ