寮付きバイトや出稼ぎの仕事を探しているなら期間工が絶対おすすめ

寮付きバイトや出稼ぎの仕事を探しているなら期間工が絶対おすすめ

「ちょっと稼がなくてはいけないので、何処か住み込みのバイトはないかなとか、地元ではなかなか良い仕事がないから出稼ぎをするか」、などと思っている人には期間工がおすすめです。

いくら住み込みのバイトだからといって、必ず収入が良いとは限りません。また、寮も完全無料だと思って入ると実は有料で、しかも相部屋だったなどということもあり得ます。

それと、出稼ぎ感覚で仕事をするのでしたら、大げさにいうと就業地域は日本国内だったらどこでもOKだと考えましょう。そうすれば、期間工を募集している工場は、必ず見つかります。

なぜ期間工がおすすめなのかという理由を、ここでは考えていきましょう。

期間工がおすすめだという4つの理由

期間工をおすすめするのには4つの理由があります。

  • 高収入
  • 完全無料の寮がある
  • 最長35ヶ月働ける
  • 正社員腸制度がある

これが、4つの理由です。

こんなに好条件が揃っている仕事は、期間工以外にはなかなかありません。では、4つの理由を1つずつ、詳しくみていきましょう。

高収入の内容

多くの期間工の年収ですが、300万円以上、400万円ぐらいになります。多い人だと、450万円に届く人もいますから、かなり高収入です。

その内容ですが、残業、深夜手当、休日出勤などが含まれます。最近では、かなりサービス残業などがあるといわれていますが、期間工にはそんなことはありません。やったら、必ずその分は収入に反映されます。

また、企業によって違いますが、だいたい6ヶ月で契約の更新があります。この時に、必ず満了慰労金が支給されます。金額は、企業ごとにちがいますが、かなり高額です。

これらを全部含めると、300万円以上、400万円ぐらい、あるいは450万円に届く高収入が得られます。

あわせて読みたい記事

完全無料の寮が多い

期間工を募集している多くの企業は、遠方からの応募者を受け入れるために、寮を持っています。その寮も、多くの場合水道光熱費も含めて、完全無料です。たまには、水道光熱費は、入寮者負担というところもあります。しかし、それでも負担は軽いですね。

それにほとんどの場合、職場である工場には社員食堂が付いています。中には、就業中の1食は無料という企業もあります。なんだか、昼食付きの仕事みたいですね。さらに、寮にも食堂が付いていることも、結構あります。

このため、ほとんどの場合、食事の心配をする必要がありません。それに、社員価格で食事が出来ますから、食費を抑えることが出来ます。寮費が無料だったり極めて低額だということと併せて考えると、出費を相当抑えることが可能です。

これは、すごく貯金をしやすい環境になります。年間200万円を貯金することも、決して夢ではありません。

最長35ヶ月働けて再雇用も可能

期間工の最長契約期間は、35ヶ月です。これは、労働基準法上、連続雇用期間が35ヶ月を過ぎると、正社員扱いにしなくてはならないからです。

しかし、35ヶ月満了後、6ヶ月のクーリング期間を置くと再雇用してもらえる可能性があります。

同じ工場にこだわらなければ、別の企業の別の工場でしたら、すぐに雇用してもらうこともできます。

別の企業の別の工場でも、期間工の収入や待遇が大きく変わることはありません。これを上手く使って繰り返していれば、知らないうちにかなり貯蓄額が増えていきます。こんなことが出来るのは、期間工だけですね。

正社員登用制度

期間工を採用している企業は、ほとんど正社員登用制度があります。きちんと働いて、職場の上長から推薦をもらえれば、正社員登用のチャンスはあります。

以前は期間工から正社員へなる道は、相当タイトだといわれていました。特にトヨタは厳しくて、希望者の数%程度しか試験を通過できないなどという話もあったぐらいです。

しかし、最近は景気の回復や、海外輸出の増大もあって、ほとんどの自動車工場はフル操業をしています。

トヨタの正社員登用実績は、2013年は40人程度、2014年は100人程度だったといいます。しかし、2015年には300人を正社員に登用しているという情報もあります。

トヨタが忙しくなると、当然ですが周辺企業も忙しくなります。デンソーやアイシンAWのような企業も、トヨタ車の生産台数分のパーツを作らなくてはいけません。そのため、はやりフル操業になります。

この結果、以前よりも正社員の数が必要になってきますから、登用人数が激増している状況です。正社員になるチャンスが、今は広がっていると考えられます。

非正規雇用従業員から、正社員になるケースはなかなかないのですが、期間工にはそれがありそうですね。