期間工の満了後に再雇用してもらうためのポイントまとめ

期間工の満了後に再雇用してもらうためのポイントまとめ

期間工は有期雇用で2年11ヶ月で辞めなければいけません。しかし、そこまで長く働いた職場ですから、また同じ場所で働きたいという人もいるでしょう。満期で辞めなくても、もう一度おなじところで働きたいという人もいると思います。

その際の疑問として、期間工は同じ工場に再雇用してもらえるのか、再雇用してもらうためには何か条件があるのかなど、いくつか気になる点が出てくると思います。

そこで今回は、期間工の再雇用に関する情報について解説していきます。

基本的に期間工の再雇用はOK!

期間工の再雇用は、基本的にどこの企業でも受け付けてくれます。というよりも、むしろ再雇用の面接のときには、有利になることもあります。

理由ですが、前に長く勤務していた経験があるので、さまざま工場のことを理解している人、という前提があるからです。

どんな企業でもそうですが、現場である工場のことをよく理解してくれている人は、ある意味では即戦力です。その、即戦力になる人を、優先的に雇用することは、企業にとっても重要なことですから、再雇用の道は開けています。

正社員の人が退職をした場合、再雇用は難しい可能性があります。辞める時の理由が問題だからです。

しかし、期間工が契約期間満了で辞めることには、理由としてはなんの問題もありません。むしろ、再雇用歓迎というスタンスはあります。

最短期間の契約満了で辞めると再雇用は難しいこともある

1回目の満了期間は企業によって違うことがあります。その時に契約を更新しないで辞めてしまうと、再雇用が難しくなることがあります。

企業がはっきり公表している訳ではありませんが、こういうことはあると思った方が良いですね。その理由はいろいろ考えられます。

やはり、長続きしない人という評価が付いて回ることが、一番の問題になるでしょう。期間工といっても、企業にとっては戦力なのですから、やはりある程度の期間は働いてもらいたいということがあります。それを、初回の満了期間で辞められてしまうと、その人に投資をした分の回収が出来ないからですね。

期間工を募集するための時間と労力、それに就業前の研修などを金額に直すとかなりな金額になります。それを、回収できないうちに辞めてしまうと、やはり企業側としてはその人の評価をマイナスにするからです。

もし、同じ工場に再雇用をしてもらう気持ちがあるのでしたら、最低でも1年は勤務した方が良いですね。できれば、35ヶ月満了まで勤務をすれば、それなりの評価を得ることが出来ます。

ちなみに、再雇用してもらえるまでは、離職後6ヶ月間の間を開けなければなりません。労働基準法できめられているので、これは仕方のないことです。

この6ヶ月間のうち、3ヶ月は雇用保険で収入がある程度確保できます。しかし、あとの3ヶ月間をしのぐ方法を考えておきましょう。

それと、もうひとつですが、35ヶ月勤務をすると初年度よりもかなり賃金が上がります。しかし、再雇用をしてもらえると、リセットされて他の新人と同じ条件になります。ここは、文句をいえないところですね。

もし今の職場の給料に不満がある場合は、メーカーの期間工の募集状況をチェックしてみましょう。最近ではアウトソーシング経由で申し込むと入社祝い金だけで1ヶ月分以上もらえる求人もあります。

気になる人は「最新のおすすめ期間工」の記事をチェックしてみてください。

再雇用が正社員登用につながる可能性は?

35ヶ月、無遅刻、無欠勤、早退なしで勤め上げて期間満了になったとします。職場の上司からの評価も良く、周囲の人たちとの関係も良かったとします。そして、再雇用してもらえたとして、正社員になれるチャンスはあるのかなと思いますね。

しかし、再雇用が正社員登用につながるのかどうかは、企業側の考え方や事情次第です。たまたま正社員に欠員が出ていたなどのケースだと、チャンスはあるでしょう。

正社員登用試験を受けた時に、合否を決めるポイントのひとつとして、上司の強い推薦があります。この推薦をもらうためには、日常の仕事の評価が必要です。

日常、優れた仕事をしていれば、上司はきちんとみています。この上司の評価は、正社員登用試験の合否を左右することですから、常にいい仕事をするように心がけましょう。

期間工から正社員を目指す人は「正社員になるためのコツ」を解説している記事も、合わせてチェックしてみてください。

期間工のおすすめ求人サイトランキング

工場求人ナビ

工場求人ナビ

期間工求人サイトの1つに、工場求人ナビがあります。工場求人ナビが掲載している求人情報は、自動車工場に限らず、多業種の企業の情報が掲載されています。

お仕事検索をクリックして業種・職種を選ぶと、「自動車」、「半導体」、住宅」、「金属加工」、「食品」、「ゴム」など、15種類の項目が出てきます。

期間工の求人だけではありませんが、期間工を含むいろいろな仕事を探している人におすすめの求人サイトです。

工場求人ナビの公式サイトへ

工場ワークス

期間工募集サイトの1つに、工場ワークスがあります。工場ワークスが掲載しているメーカーは主に自動車関係、それも自動車メーカーが主体になっていますが、中には違う業種もあります。

工場求人ナビの特徴は、各都道府県の市区町村の求人が検索できることです。

寮に入って期間工でガッツリ稼ぐか、今住んでいる所で仕事をするのか、悩んでいる人は工場ワークスで仕事を探すのがおすすめです。

工場ワークスの公式サイトへ

e仕事

e仕事

e仕事を運営している日研トータルソーシングは「製造派遣会社総合満足度No.1」「転職したい製造派遣会社No.1」 「入寮(住み込み環境)が充実している派遣会社No.1」を獲得しています。

スマホやパソコンの公式サイトからWEB登録すると、履歴書不要の面接方式を採用しておりLINEでもOK。業界初の試みとして注目されています。

期間工の内定実績も業者内トップクラスの累計11,000名となっており、住み込み希望の人にはカバン一つで仕事がスタートできる寮環境が整っています。

e仕事の公式サイトへ