期間工の面接まとめ!服装、持ち物、履歴書、志望動機

期間工の面接まとめ!服装、持ち物、履歴書、志望動機

ちょっと事情があって稼がなくてはいけないので、収入や待遇が良くて、お金を貯めやすい期間工になることを決めた。

だけれど、面接のことが心配。どんな格好をしていけばいいのか、どんなことを聴かれた時にどんな答え方をすれば、面接の担当官に好印象を与えられるのかな?

それに、どんなものを持っていくのか、履歴書の書き方で気を付けることは何だろう? とにかく、初めてなので心配が多くて……。こんな悩みを持っている人、かなりいます。

そこで、ここでは面接のときに注意しておいた方がいいようなことや、持っていくもの、履歴書を書くときの注意点、それに、担当官に好印象を与える答え方などについて、情報を伝えていきます。

面接担当官も人であることを忘れてはいけない

ます、このことを良く理解しましょう。面接担当官も人である以上は、必ず感情を持っています。その為、担当官の感情を害するようなことをやったり、いったりしないことが重要です。

面接の基本は、残念ながらバッドマークシステム、減点法が基本です。この減点をカウントするのが、人である担当官です。ここが、大きなポイントになります。

つまり、担当官に好印象を持ってもらう必要がある、ということです。その為には、どんなことに注意をするべきなのか、いくつかポイントがありますから、あげていきます。

服装はやはりスーツが基本なのかな?

いろいろなサイトでいわれていることのひとつに、面接のときの服装はスーツである必要はない、ということがあります。果たして、本当にそうなのでしょうか?

確かに、あまりにもくだけた格好は拙いけれど、糊とプレスの利いた襟付きのシャツに、皺のないチノパン、それに少しカジュアルなジャケットだったら足元がスニーカーでも嫌味のない、清潔感のあるファッションになります。

しかし、理由はともかく面接での減点ポイントが同点だった場合、きちんとスーツを着て、磨いた革靴を着用していた方が有利になる傾向はあります。

面接担当官が、好印象を受けるのは、やはりスーツになります。なぜかというと、スーツを着ていくと、相手企業を軽く見ている感じにならないからです。むしろ、敬意を払っている印象になります。

そのため、減点ポイントが同じだったら、好印象を受けた人を選ぶことは多いのでスーツを着ていった方が無難ですね。

同じ理由で、髪の毛を染めているのでしたら、黒に染め直した方がいいですね。相手は、大企業、一流企業の社員です。自分たちの環境に合わないと判断されたら、それだけで落とされてしまう可能性もありますよ。

それと、ヘアースタイルも、小ざっぱりとした感じにした方がいいですね。ロン毛や変わったヘアースタイルはやめて、少しきちんとした髪型にしておくことをおすすめします。

服装には、万全を期した方がいいですね。

持ち物なに?

絶対に忘れてはいけないものとして、履歴書と筆記用具があります。履歴書を作るときの注意ですが、必ず顔写真を貼っておくこと、捺印をして置くこと、日付は面接日にしておくことが最低限であり、必須のことになります。

また、履歴書を書き方としては、職歴などを書いて、空白の期間があると埋めたくなります。しかし、そんなことをする必要はまったくありません。むしろ、嘘を書くことになるため、絶対にやらない方がいいですね。

それと、字は下手でも良いですから、丁寧に、誤字脱字がないように書きましょう。なお、履歴書に貼る写真ですが、出来るだけスーツの方がいいですね。もし無理だったら、何か襟の付いたシャツ姿にしてください、マル襟のTシャツなどはやめましょう。

面接のときの注意点は?

面接のときの注意点として、顎を引いて、背筋を伸ばして座ることです。さらに、両手の拳を軽く握って、膝の上におきましょう。もちろん、背もたれにもたれて脚を組むようなことは、絶対にやらないでください。

視線は担当官のネクタイに置きましょう。この位置に視線を持っていくと、担当官の眼を見ないで済みます。しかし、担当官の印象としては「ああ、この人はしっかり相手の眼を見て話を聴き、話をする人だ」となります。

どんなことを聴かれて、どんな答え方をするのか?

まず、担当官から資料を渡されるケースが多いようです。その後、仕事の内容に関して、ザックリとした説明があります。その後、持参した履歴書をもとに、職歴や志望動機などを聴かれます。

志望動機として好印象を持てもらえることは、例えばトヨタだったら、「86が好きで、いつか所有してみたいと思っていた。高収入であり、寮も用意していただけることにも魅力を感じている。小学校から高校までサッカーをやっていたので、健康には自信があるのと、チームワークの大切さ、何事も諦めずに最後までやり遂げることの大切さを学んだ」などということをあげていけばいいと思います。

話し方は、ハキハキとしっかりした発音で話すことを心がけてください。多少、滑舌が悪くても、ハキハキとしっかりした発音で話すと、好感度は上がります。

NGワードとしては「安定した大企業で働きたかったから」というのがあります。これは、期間工としての立場を超えた発言になるからです。正社員の採用面接だったらいいのでしょうが、期間工はあくまでも最長35ヶ月の契約です。

担当官にとっては、正社員にしろといわれているような感じになることがあるので、NGワードというわけですね。したがって、正社員を希望しますということも、こちらからはいわない方がいいです。もし、正社員を希望しますかと聞かれたら、正直にハイと答えればOKです。

その他に必ず聴かれることがあります。

まず、「仕事はきついけれど、やっていく自信はありますか?」と聞かれますから、「ハイ、健康と体力には自信があります」と答えましょう。

次に、「寮は古いところと新しいところがあって、当たり外れがあります。文句はいいませんか?」と聞かれることもありますから、「ハイ、大丈夫です。文句はいいません」と答えましょう。

そして、「借金はありますか??」と聞かれることもあります。これは、返済が滞ってしまい、職場や寮に取り立てに来ることを嫌うからです。そして、たんなるローンなどではなく、いわゆる消費者金融や最悪、闇金のことをいっています。ローンしかないのでしたら「○○のローンがあるいくらあります」と正直にいっていください。

また、消費者金融や闇金に借金がある場合、初めから面接に行かない方がいいです。このような場合、何か法的な手段で、こういったたちの悪い借金を整理してから、期間工を目指しましょう。

そして、タトゥーのことも聞かれます。タトゥーは、いわゆる反社会的勢力の人たちがしているようなものではなく、ファッションタトゥーでも駄目な企業が多いですね。嘘をいっても、後で健康診断のときに分かってしまいます。

担当官に好印象を与えられるように、しっかり予習をしていきましょう。