期間工、契約社員、派遣社員の雇用形態による違い

期間工、契約社員、派遣社員の雇用形態による違い

期間工・契約社員・派遣社員の雇用形態の違いから、それぞれのメリットやデメリットにはどんなことがあるのか、知りたいと思う人も多くいます。

そこで、ここではそれぞれの雇用形態や、メリットとデメリットについての情報を伝えていきます。

非正規従業員という雇用形態が期間工・契約社員・派遣社員

期間工も契約社員も、そして派遣社員も、その雇用形態は非正規従業員という雇用形態になります。一般的にいう正社員や正職員以外の従業員の中に入る、ということですね。

それぞれの雇用形態ですが、実は期間工も契約社員も同じです。期間工も一種の契約社員なのです。

契約社員の雇用形態とは、企業と有期の雇用契約を結んで仕事をする、常勤労働者という形です。つまり、企業と有期・常勤を条件にした、直接雇用契約を結んでいることになります。この、契約社員の中で、工場勤務に特化した人たちを期間工といいます。

そして、この有期というところですが、最長で35ヶ月になります。3年以上連続勤務をさせると、正社員扱いになるため、この期間が設定されています。

次に派遣社員の雇用形態です。こちらは、求職者が人材派遣会社に登録をします。そして、人材を求めている企業が必要としている内容とマッチングする人を、派遣会社が選んでその企業に派遣します。

つまり求職者は、企業とではなく派遣会社との契約になります。労働賃金も、派遣会社から支払いを受けます。ということは、派遣社員は働いている企業とは、直接の雇用関係はありません。こちらも有期で、一ヶ所への派遣期間の上限は、やはり3年になります。

まとめると、契約社員は有期・常勤の直接雇用で、派遣社員は有期の間接雇用ということが、企業から見た場合の形になります。

期間工・契約社員のメリットは?

期間工にも契約社員にも共通しているメリットは、3つあります。

1つは、休みを取りやすいことです。正社員になると、できれば一生この会社にいて、それなりのキャリアアップを目指す、という働き方になります。

そのため、責任の範囲が広くなりますから、自分の都合を優先した有給休暇の取り方は、なかなか難しいですね。しかし、期間工や契約社員の責任の範囲は限られていますから、正社員に比べるとはるかに休みは取りやすくなっています。

2つめです。これもやはり責任の範囲に関係しますが、過大なストレスを感じることはほとんどなくなります。

期間工だから、契約社員だからといって、仕事上の責任がないかといえば、そんなことはありませんが、正社員に比べればかなり範囲は狭まります。

1日の仕事が終わっても、まだ仕事のことを考えていなくてはいけない、というような重圧はありませんから、ストレスは非常に小さくなります。

そして、3つめです。これは、なんと副業が許されることが多い、ということです。期間工や契約社員が企業と結ぶ労働契約書には、「副業を禁ずる」ということが明記されていない場合があります。しかし、正社員の場合、ほとんどの企業では副業を禁じています。

このため、仕事が終わってからや、休みの日に、パソコンを使った副業をすることも、まったく問題なく出来るケースがあります。

期間工・契約社員のデメリットは?

期間工・契約社員のデメリットも、3つです。

1つめは、雇用期間が最長3年だということです。3年以上連続勤務をさせた場合、企業はその人を正社員として扱わなくてはいけない、という労働基準法の決まりがあるからです。残念ながら、この部分は仕方ないですね。

そして、2つめです。これは、よくいわれていることですが、正社員よりも社会的な信用度が低いことです。

最後、3つめです。退職金やボーナスが出ないことが多いのが、デメリットになっています。しかし、一般的な契約社員と期間工は、この部分がやや違います。

期間工も確かに、退職金やボーナスという名目の支給はありません。しかし、契約満了慰労金や、満了報奨金という名目で支給があります。期間工の場合、だいたい6ヶ月で契約更新になりますから、その時にこの名目の支給があります。

金額は企業ごとにちがいますが、高額であることは間違いありません。なんとなく、ボーナスや退職金の感覚があります。

ここまで期間工のメリットデメリットを解説してきました。両方を比較して期間工にチャレンジしたい人は「稼げるおすすめ期間工求人」のページをチェックしておきましょう。

派遣社員のメリットは?

派遣社員のメリットとしては、これもやはり3つです。

まず、ライフスタイルに合った仕事を選べることです。自分が希望する勤務時間や、勤務日数。それに、勤務地なども選べます。

このため、なにか資格を取りたいとか、勉強しながら仕事をしたいなどという場合、時間を作りやすいですから、目的の達成はしやすくなります。

次に、職種を選べることです。例えば電話オペレーターをやりたいとか、イラストレーターを使ったデザインの仕事がしたいなど、スキルにあった仕事を探してもらえます。

最後ですが、いろいろな企業で仕事が出来ることです。普通に就活をしたら、まず入社不可能だったような企業や、最先端をいくベンチャー企業に派遣してもらえることもあります。

この結果、かなり人脈を作りやすいですから、将来起業しようと思っている人には、かなり有利になります。

派遣社員のデメリットは?

次に、派遣社員のデメリットです。これも、大きくいって4つに分けられます。

初めは、やはり雇用期間です。契約社員と同じで3年が上限ですから、いつかは派遣契約期間終了になります。

次に、やはり社会的信用度が低いことです。正社員に比べると、どうしても社会的信用度は低く評価されてしまいます。

そして、ボーナスや退職金が出ないことです。この部分も一般的な契約社員と同じですね。

最後に、会社内での待遇があります。派遣先で正社員との差別にあうこともあります。社内行事に誘われなかったりすることがあると、なんだか仲間外れになったような気がする人もいます。

まとめ

まとめると、期間工も契約社員も、そして派遣社員も非正規従業員であることには、まったく違いはありません。

しかし、こうして比べてみると、期間工はかなり恵まれています。高収入で、社会保険もしっかり加入させてもらえます。

しかも、福利厚生面では、正社員と変わらない扱いを受けますから、スポーツ施設や保養施設を使うことにも、まったく問題はありません。

さらに、ボーナスや退職金にそうとうする、契約満了慰労金や報奨金が支給されます。そして、自分の勤務状況が良く、仕事面でも問題なくこなせていたら、35ヶ月の契約期間満了後、6ヶ月のクーリング期間を空ければ再雇用してもらえる可能性も高いのが、期間工です。

非正規従業員になるのだったら、期間工は一番恵まれた条件を持っているといえます。

高待遇!各大手メーカーおすすめ求人ベスト5

期間工はどこ経由で申し込むかによって、最終的にもらえる総支給額が変わります。一般的な求人サイトで申し込むのと、派遣会社から申し込むのだと、もらえるお金が数十万円変わることがあります。

現在募集を出している工場で、入社祝い金や満了金、給与や待遇、知名度など総合的に考慮して、その中でも高待遇の求人をいくつかピックアップしたので、期間工で働きたい人は以下の求人情報をチェックしてみて下さい。

トヨタのおすすめ高待遇求人
トヨタのおすすめ高待遇求人
勤務地 本社工場、元町工場、上里工場、三好工場、衣浦工場、田原工場など全11工場
月収目安 278,250円~300,970円
入社祝い金 20万円前後
6ヶ月勤務の手当 390,400円
寮費・光熱費 無料(食事補助有)

トヨタの求人情報を確認する

マツダのおすすめ高待遇求人
マツダのおすすめ高待遇求人
勤務地 広島県(広島工場)、山口県(防府工場)
月収目安 291,436円(※日給×21日+残業25h+休日出勤1日+各種手当)
入社祝い金 最大45万円
6ヶ月勤務の手当 約27万円(皆勤手当含む)
寮費・光熱費 寮費無料(食事補助有)

マツダの求人情報を確認する

スバルのおすすめ高待遇求人
スバルのおすすめ高待遇求人
勤務地 本工場(太田市)、矢島工場(太田市)、大泉工場(邑楽郡)
月収目安 32.万円1~33.8万円
入社祝い金 最大35万
35ヶ月満了の手当 総額227万円※条件を満たす場合
寮費・光熱費 無料

スバルの求人情報を確認する

ホンダのおすすめ高待遇求人
ホンダのおすすめ高待遇求人
勤務地 埼玉県狭山市、小川町、寄居町
月収目安 約25万円~29万円
入社祝い金 最大15万円
6ヶ月勤務の手当 約17万円前後
寮費・光熱費 無料

ホンダの求人情報を確認する

日産のおすすめ高待遇求人
日産のおすすめ高待遇求人
勤務地 栃木工場、いわき工場
月収目安 27万円(いわき工場)、34.4万円(栃木工場)
入社祝い金 20万※勤務先の工場による
6ヶ月勤務の手当 33万円前後※勤務先の工場による
寮費・光熱費 寮費&光熱費無料(食費補助有り)

日産の求人情報を確認する


※ここで紹介している情報は求人サイトを参考に2018年4月に作成したものです。
※記載している入社祝い金や継続勤務の手当は時期や各企業の条件等によって増減します。