節約したいなら寮付き・寮費が無料の企業の期間工がおすすめ

節約したいなら寮付き・寮費が無料の企業の期間工がおすすめ

期間工を目指す人が持っている目標には、多くの場合お金を貯めるということがあげられます。

お金を貯めるコツは、ただひとつしかありません。それは、ひたすら出費を抑えることです。当たり前なのですが、収入-支出=貯蓄ですから。

その為、出費がかさんでしまえば、せっかく収入の良い期間工になっていくら稼いでも、お金は貯まりません。では、どうやったら出費を抑えることが出来るのか、という問題になります。

それは、生活費の中で割合の高い項目の出費を、出来るだけ少なくすることです。理想的にはゼロにすることが望ましいですね。

そこで、ここではどうやったら、出費を抑えてお金を貯めることができるのか、ということを考えていきます。

生活費の中で一番高額な出費をゼロにする

そこで、生活費のなかで一番高額な出費項目はと考えてみると、明らかに家賃が一番高額な出費だと分かります。そして、家賃を払ってその部屋に住むということは、当然ですが水道光熱費も払わなくてはいけません。

このふたつを、できればゼロにしてくれるのが、入寮可が条件の期間工です。寮費だけがゼロで水道光熱費は自己負担の企業もありますし、両方ともゼロの企業もあります。

また、格安ですが寮費が必要な企業もあります。しかし、その自己負担額は、自分で部屋を借りた時に比べたら、僅かなものです。これだけでも、かなり節約になります。

これは、大きなポイントになります。つまり、節約をしたいのだったら、寮付き、あるいは寮費が無料の企業を選ぶことが大きなポイントになります。

主な生活費を考えてみる

では、生活費の主な項目を考えてみましょう。暮らしている地域によって、上下があるため、中間的な数字で表します。

まず筆頭に来るのは、やはり家賃です。1Rで考えてみても、だいたい、50.000円ぐらいはかかります。高い地域では70.000円~90.000円はしますし、安い地域でも40.000円以下はあまりないでしょう。

次が、食費です。一人暮らしの場合、自炊をすることもあるけれど、結構外食や弁当を買ってくるケースが多くなります。その為、ザックリと30.000円を計上しておきます。1日1.000円、1食300円ぐらいです。もっとかかるかも知れないですね。

その次ですが、水道光熱費です。エアコン、テレビ、冷蔵庫、PC、電子レンジありで考えると、だいたい10.000円から15.000円ぐらいになるでしょう。特に電気代は、夏季と冬季には思い切り膨らみます。

この段階で、すでに100.000円近くなっています。このほかに、交際費、携帯などの通信費、娯楽費、洋服代などが必要ですね。そうなると、全体で150,000円近くかかりそうです。

その中で家賃は、だいたい30%ぐらいのウエイトを占めています。水道光熱費まで入れると、40%かそれ以上のウエイトを占めることになります。

この部分が思い切り少なくなるかゼロになることを考えると、期間工になる時には寮付き、あるいは寮費無料の企業を選ぶことは大切な条件になります。

ドケチ生活をしてもあまり生活費は変わらない

では、世間で言われているような「ドケチ」的な生活をすれば、生活費は大きく変わるのかといえば、実は思ったほどは変わりません。

例えば風呂無し、家賃25.000円のアパートに住んだとして、どうなるでしょうか。この段階で、単純に25.000円が節約できます。しかし、風呂に入らないわけにはいきませんから、銭湯に行くことになります。

毎日入らなくても、2日に1回だとして、月に15回はいくことになります。銭湯の料金で、300円を切る都道府県は、どうやらないようです。

全国平均だと、400円近くなります。つまり、最低でも風呂代が6000円かかりますから、家賃が31.000円になったことになります。風呂を我慢するという、大きな犠牲を払って、19.000円の節約がやっと出来るわけですね。

しかし、寮があれば、こんな思いはしなくても済みます。しかも、部屋に付いている小さな風呂ではありません。大きな浴場がある寮が多いので、毎日、ゆっくり入浴を楽しむことが出来ます。

それに、ドケチ生活に付き物の食費の切りつめですが、多くの場合は上手くいきません。自炊をして、食費を切り詰めようとしてもなかなか上手くはいかないからです。食材を使い切らないで、捨ててしまうケースが出てくることがその原因です。

結局普通の人は、テレビの黄金伝説のように、そのことだけに集中しているわけではないからですね。そのため、インスタントラーメンやカップ麺にたよってしまい、栄養バランスが悪くなります。

その結果、体調を崩してしまうことがあります。体調が崩れてしまうと、働くことが苦痛になるので、仕事が上手くいかなくなるケースが多いですね。

しかし、寮に賄いが付いていたり、社員食堂の利用が出来れば、こんな思いをしなくても済むわけです。

期間工を採用しているほとんどの企業は、工場に社員食堂の設備があります。寮に賄いがなくても、社員食堂を利用していれば、健康は保つことが可能です。

寮イコール節約だけではなく、寮イコール心身の健康を保つことにつながります。やはり、期間工になるのでしたら、最低でも寮付き、それも、出来るだけ寮費完全無料の企業が良いですね。